トレチノインは肌内部からシミを排出させる働きがある

鏡を見る度に「このシミさえ無かったら…」と、ため息をついた事のある方も多いのではないでしょうか。
シミは一気に見た目年齢を、引き上げてしまう要因となります。
ですので、なるべく作りたくないものですが、日焼け止めを塗っていたのにも関わらず、シミが現れてしまうケースも少なくありません。

このような時、活用したいのが「トレチノイン」です。

トレチノインは美容皮膚科などで処方される、クリームなどに配合されている成分で、美白の効果に優れています。
シミが出来る、最大の原因と言われているのが紫外線です。
紫外線を浴びるとダメージを防ごうとして、メラニン色素が作られます。

通常、メラニン色素は肌のターンオーバーの働きにより、垢として体外へ排出されるのですが、紫外線を浴び続けてしまう事で排出が間に合わなくなり、沈着してしまうとシミとなってしまうのです。

トレチノインは肌の最も奥にある、「基底層」という部分に作用するという特性を持っています。
トレチノインは基底層の細胞の働きを活性化し、どんどん細胞を新しく生まれ変わらせます。
すると、メラニン色素を含んだ細胞が、次第に肌表面へと浮かび上がり、最終的には古い角質として体外へと排出されるのです。
肌の奥にあるメラニン色素を、外へと出す作用に優れている事から、トレチノインは美白の治療としてポピュラーに使われています。

ただ、とても効果に優れているという事もあり、肌への刺激も強い成分です。
使い方を間違ってしまうと、シミを作ってしまう原因にもなるので注意しましょう。
また、目元や口元といった皮膚が薄い場所には、使わない事をお勧めします。

トレチノインでケアする際は、医師にしっかりと説明を受ける事が大切です。
▼美容に興味があるなら肌だけじゃなくまつ毛のお手入れも忘れずに!
ケアプロストの使い方はこちら
▼通販でも購入可能!
薬 通販
▼もっともっとトレチノインを知りたい方はこちらへ!
トレチノインで毛穴を目立たなくする



ページトップへ