美白に有効トレチノイン~洗顔と脱毛注意点~

「トレチノイン」はビタミンA誘導体の1つです。
ビタミンAは美肌効果に優れていると言われています。
ただ、肌にビタミンAを塗っただけでは、あまり美肌の効果は得られません。
ビタミンA誘導体に変える事で、肌の奥にも浸透しやすくなり、様々な美容効果を得られるのです。
トレチノインはビタミンAの、約50倍から100倍もの作用があると言われている程、生理活性に優れた成分です。

メラニンを含んだ肌細胞を排出するスピードを速める事から、シミなど美白治療に用いられています。
またピーリング作用もある為、ニキビ治療としてもトレチノインは、ポピュラーに使われる外用薬です。

効果は高い成分ですが、元々ビタミンAは体の中にある成分という事もあり、ほとんどアレルギーの心配はありません。
安心して使える成分ですので、多くのクリニックでトレチノイン配合外用薬の処方は、行われています。
ただ、使うにあたって注意したい点もいくつかあります。

この成分は肌細胞の生成を促すと同時に、古い肌細胞を剥がす作用をアップする為、使用後は肌がカサカサと側が剥けはじめます。
この状態の時に洗顔をすると、しみるような痛みを感じるケースがあるのです。
洗顔をする際は、肌への刺激が少ない洗顔料を選びましょう。
アルコールが配合されている洗顔料は、しみて痛みを感じる事が多いと言われています。

また、トレチノイン使用中は、脱毛を避ける事をお勧めします。
脱毛注意点として、「色素沈着」が挙げられます。
脱毛を行うと紫外線を浴びた時に、ダメージを受けやすいのです。
せっかく美白ケアしていても、脱毛注意点により色素沈着ができてしまっては、元も子もありません。
この脱毛注意点を考慮して、トレチノインでケア中は脱毛を避けるようにしましょう。



ページトップへ