背中ニキビのケアは肩回しと「トレチノイン」で

いつの間にか背中ににきびが出来ていて、なかなか治らないという方も多いでしょう。
背中は顔と同じくらい、にきびが出来やすい場所と言われています。
しかも、あまり見る機会が無いので、にきびが出来ている事に気づかず、悪化してしまいがちです。

背中ニキビが出来る原因は色々とありますが、実は肩の凝りで起こるケースも少なくありません。
背中が凝ってしまうと、当然血流は悪くなります。
すると、肌細胞に栄養が行き渡らなくなり、新しい細胞が作られにくくなるのです。
古い細胞が、どんどん溜まってしまう事で毛穴を塞ぎ、背中ニキビが出来やすい環境を作ってしまいます。

肩こりを感じていて、背中ににきびが出来やすいという方は、肩回しをしてケアしましょう。
肩回しをする事で背中の血流が改善され、肌のターンオーバーが正常になり、古い角質が溜まり難くなります。
ただ、今出来ている背中ニキビを改善するには、肩回しだけでは役不足です。

頑固なにきびは、「トレチノイン」配合の外用薬でケアする事をお勧めします。
トレチノインは、美容皮膚科などクリニックで処方される、外用薬に含まれる成分の1つです。
美白治療に用いられる事の多い成分ですが、実はにきびの改善にも有効と言われています。

トレチノインは肌細胞自体の働きを、活発にする作用を持っています。
肌細胞が活性化すれば、その分ターンオーバーの作用も高まり、古い角質を排出するスピードも速まるのです。
トレチノインでケアすれば、古い角質を除去するピーリング効果に加え、肌細胞を新しく生まれ変わる作用もスムーズに行われる為、よりにきびが治りやすくなります。

頑固な背中ニキビは、肩回しとトレチノイン配合の外用薬でケアしましょう。



ページトップへ