青森や姫路でトレチノインによるシミ治療

青森というと、冬が寒く、雪がたくさん降り積もるイメージがあることから、紫外線によるシミのトラブルが少ない県のようにみえるでしょう。しかし、青森県の夏は周辺地域と同様に日差しが降り注ぎ、雪も紫外線を反射しやすいですから、割と紫外線によるシミの悩みが多い地域といえます。
シミ治療にはトレチノインがよく効きます。ビタミンA誘導体であるトレチノインは、皮膚のターンオーバーを促進して、シミのもとであるメラニンを除去する力を持っています。トレチノインは強い薬剤ですから、医師の処方が必要です。青森県内でシミ治療を受けるなら、皮膚科のあるクリニックを探してみるとよいでしょう。
場所は変わって、姫路市は兵庫県にある、観光名所のお城が大変有名な地域です。姫路市の夏はとても暑く、日中に日差しを浴び続けると、あっという間に肌が黒く焼けていきます。シミのできやすい地域といえますので、注意しましょう。
姫路市内には、トレチノインを使ったシミ治療を行ってくれる、皮膚科クリニックがいくつかあります。トレチノインとの相乗効果が狙える、ハイドロキノンという成分も同時に処方し、シミを早く治す方法も存在します。どちらも外用薬ですので、自宅にいながら治療を続けることができ、通院の負担が少ないのが特徴です。外用薬に合わせて、ビタミン群の内服薬などを用いられることもあります。
これらの薬は、レーザーで治療が難しく、30代、40代の女性に多い、肝斑というシミ治療にも効果を発揮してくれます。肝斑は一部のものを除き、レーザーで治療しようとすると、却って症状を悪化させることで知られています。トレチノインやハイドロキノンであれば、その心配はいりません。



ページトップへ